作品感想

オリジナルズ シーズン1のあらすじと感想

投稿日:

ヴァンパイア・ダイアリーズのスピンオフで、

オリジナルヴァンパイアのクラウスと彼の家族をメインとした作品になっています。

オリジナルズ単体でも楽しめますが、ヴァンパイア・ダイアリーズを先に見ておくとさらに理解が深まって、キャラ達への愛情もわきやすいです。

あらすじ

舞台はニューオリンズのフレンチ・クオーターで、かつてオリジナルズのクラウス達が町を作り上げた場所で、

ヴァンパイアでありハンターでもある父マイケルに追われて町を出ました。

それから100年ほど経ち、フレンチ・クオーターの魔女達が何やらよからぬ陰謀を企てていると知ったクラウスが町に戻ると、

かつての自分の相棒であり弟子でもあるマルセルが町を牛耳っています。

魔女には魔法を禁じて人間達とも上手くやり、クラウスが建てた屋敷にリーダーとして収まっています。

クラウスが呼び出されたのは彼が一夜限りのつもりで寝た狼人間の女ヘイリーが彼の子を妊娠していて、魔女が彼女をかくまっていたからです。

自由奔放でやりたい放題のクラウスの兄イライジャ、クラウスの妹レベッカもこの町にやって来ます。

ヘイリーとお腹の子を狙う魔女やヴァンパイア、町を取り戻そうとするクラウスvsマルセル、

家族を一つにしたいイライジャ、それぞれの思惑が複雑に絡み合って抗争は激化していきます。

感想

ヴァンパイア・ダイアリーズが好きでしたし、悪役クラウスのどこか憎めない部分も魅力的だったので、

オリジナルズをやっとHuluで見れるようになって楽しみにしていました。

ヴァンパイア・ダイアリーズが明るくてティーン向けの恋愛ヴァンパイアドラマだったのに対し、

オリジナルズはかなりダークで過激だし、大人向けのヴァンパイアドラマになっています。

相変わらずやりたい放題のクラウスなんですが、自分の子供がヘイリーのお腹にいると知ってからはちょっとは行動が落ち着いたみたいですね。

正統派紳士のイライジャも今回は大活躍で、ヘイリーとお腹の子を守ろうと奮闘する姿が素敵だし、ヘイリーとの恋の行方にも大注目です。

イライジャの目的はいつもクラウスの暴走を止めて家族を一つにすることで、

頼れる兄なんですがやっぱりクラウスの悪賢さに出し抜かれて、兄弟での心理戦も見所でした。

マルセルとクラウスの師弟関係も徐々に明かされていきますが、どっちつかずで優柔不断なマルセルの行動がちょっと不可解でした。

魔女ダヴィーナを守ろうとしていたのか自分のために利用していたのかよく解らなかったし、

マルセルの優しさゆえの選択の誤りで危機に陥ったりで、あまり感情移入できなかったキャラです。

オリジナルズ、ヴァンパイア、魔女、狼人間と勢力図が常に書き換わっている状態で何が起こるか解らないハラハラ感が楽しかったですし、

誰が誰とつながっていて裏切り者が誰かも解らないワクワク感があります。

クラウスを始めとしたマイケルソン一家の壮大な家族げんかの行方も毎回気になりますし、

何より、クラウスとのヘイリーのお腹の子が無事生まれるのかどうかが一番心配でした。

ヴァンパイア・ダイアリーズのタイラーが絡んできたり、

クラウスが「ミスティック・フォールズのボニーが…」とかヴァンパイア・ダイアリーズネタがはさまれると、やっぱりうれしくなりますね。

-作品感想

Copyright© 海外ドラマ王 , 2018 All Rights Reserved.