作品感想

映画「インシディアス」で幽体離脱の怖さを実感※ネタバレ

投稿日:

最近見たホラー映画のなかで、よく出来ているなあと感心したのが「インシディアス」でした。

ポルターガイスト現象をテーマにした洋画はたくさんありますよね。

でも大抵の場合は「人」ではなく「家」に棲みついている霊が巻き起こすものです。

ところがこの作品は、ある家族の息子(小学生くらい)に憑りついた「悪魔」がテーマなのです。

だから霊障に怯えて引っ越しをしてもアクシデントは収まらず、見ている側もハラハラさせられました。

普通なら引っ越して終わりなのですが、この作品はその程度では済まない奥の深さがありましたね。

昏睡状態に陥った息子を救うため、過去に幽体離脱した経験のある父親が、悪魔を懲らしめるために奮闘します。

幽体離脱できる力は遺伝しており、息子はあの世とこの世の狭間で迷子になってしまったとか・・。

結果的に何とか無事に親子は戻ってきますが、クライマックスで父親に悪霊(悪魔?)が憑りついていることが判明。

尽力してくれた霊媒師の女性を殺害して失踪するという衝撃的な結末でした。

悪魔や悪霊から解放された終盤にかけて、やれやれこれで終わったと安心したのに、またまた急展開でした。

個人的には幽体離脱の怖さを実感させられる、とてもリアルな作品に思えました。

ラストシーンで「何も殺すことないのに・・」とは思いましたが、見た者に強烈なインパクトを残す演出なのでしょうね。

-作品感想

Copyright© 海外ドラマ王 , 2018 All Rights Reserved.