作品感想

SEX and the CITY

投稿日:

SEX AND THE CITY: Kristin Davis, Cynthia Nixon, Sarah Jessica Parker, Kim Cattrall.

ニューヨークで繰り広げられる、4人の女性の人生が赤裸々に詰まった作品。

セックスコラムニストのキャリーと、PR会社社長のサマンサ、弁護士のミランダに、アートディーラーのシャーロット。個性的で魅力的な女性が出てくる、男性にもオススメな作品だ。

オープンなセックスライフに、きらびやかな衣装達に目を奪われがちだが、本質は、女性の強さと弱さ、そして仕事や結婚、出産と目まぐるしく変化する女性の人生を、ありとあらゆる考え方でまとめあげた、これからをどう生きようと悩む人の、背中を押してくれる、勇気を貰える作品となっている。

時には喧嘩もするし、他人を羨むこともある。しかし、私の人生は私でしか生きられない。そして、全力で女性を生きたい。そんな決意を感じられる、見た後には必ず「頑張ろう」と思える作品だ。

ドラマなシーズン1からシーズン6まで。映画も2本公開されている。

SEX and the CITY を観ると、「ヒールの靴が欲しい!」と思うのは、私だけだろうか。「もっと稼いで、一人で生きていくんだ!」と決意したのは、私だけじゃないはず。

そして「友達最高!」と声高らかに叫ぶこと間違いなし。いつまで経っても、女は女だ。自分らしく、生きていこう。この4人のように。

-作品感想

Copyright© 海外ドラマ王 , 2018 All Rights Reserved.